断熱リフォーム注意事項

断熱リフォームを行う場合の注意点

窓や壁などの結露を防止するためには、断熱リフォームを行うだけでなく、適切な換気を行うとともに、水蒸気を多く発生させないなど生活の仕方にも注意が必要です。

室内に発生する結露を防止するためには、炊事や入浴など日常の生活によって室内で発生する水蒸気を排出することも重要です。
また、シックハウス対策のためにも、室内で発生する揮発性化学物質や臭い成分などを排気して室内の濃度を低減することも大切です。
したがって、住宅のリフォームを行う場合は、換気設備を設置して常時運転することをお奨め致します。

室内に洗濯物を干した場合、洗濯物から蒸発する水蒸気が室内に滞留して結露の発生を助長する原因になります。
したがって、洗濯物はできるだけ室内に干さず、天候や気候によってやむを得ず室内に洗濯物を干す場合は、常時換気を行うなど、水蒸気を排出して室内に滞留しないように注意してください。

開放型ストープや石油ファンヒーターなどは、灯油が燃焼する際に水と二酸化炭素を発生させます。これによって発生する水(水蒸気)は、結露の発生を助長する原因になりますし、室内の二酸化炭素の濃度が高くなった場合は酸欠などの原因になることもあり、不完全燃焼が生じた場合は一酸化炭素中毒などの事故を引き起こすこともあります。
したがって、特に気密性の高い現代の住宅においては、開放型ストーブや石油ファンヒーターは使用しないでください。

  • 断熱リフォームは、問題の部位の断熱改修だけの改修も可能ですが、より効果的で快適な環境とするためには、建物の外周の全ての壁や窓の断熱改修を行うことが効果的です。
  • 断熱リフォームは、信頼できる施工業者による正しい施工が必要です。
  • 断熱リフォームを行うにあたっては、以下の点に注意して施工を行ってください。
    • 断熱材は隙間なく施工してください。
    • 断熱材を施工すると同時に、適切な防湿処理を行ってください。
    • 外装工事と同時に外壁及び屋根の改修工事を行う場合は、通気層を設けることを推奨致します。
    • その他、断熱材の施工を行うにあたっては、断熱材メーカー等の発行する施工要領書等を参考に、適切な施工を行ってください。
断熱リフォーム リフォーム 断熱 断熱材 健康 快適 屋根断熱 天井断熱 外壁断熱 床断熱 気流止め 窓断熱 日射遮蔽 リフォーム効果 今お住まいの家、こんなことでお困りではありませんか? ご自宅のリフォームをお考えの方に 健康で快適な我が家にチェンジ!! 窓や壁などの結露を防止するためには、断熱リフォームを行うだけでなく、適切な換気を行うとともに、水蒸気を多く発生させないなど生活の仕方にも注意が必要です。断熱リフォームを行う場合の注意点 建産協 一般社団法人 日本建材・住宅設備産業協会 省エネ環境委員会・断熱材普及部会 断熱 断熱材 屋根断熱 天井断熱 外壁断熱 床断熱 気流止め 窓断熱 日射遮蔽 断熱リフォーム