建産協 一般社団法人 日本建材・住宅設備産業協会 断熱リフォームで、健康で快適なわが家に。

断熱リフォームで、健康で快適なわが家に。

もっと詳しい断熱リフォーム

施工方法・施工例と断熱材推奨製品

断熱リフォームの部位別に、施工方法と施工例、推奨製品を解説しています(一部コスト試算例を含む)
ご覧になりたい下記の項目をクリックしてください。

※施工方法や測定データに関する詳細については、各資料提供会社にお問合せください。

天井断熱

天井に断熱材を施工して日射熱の侵入を防止、天井の火照りを抑え、冷房の効きを良くします。

施工例①

天井裏に断熱材を敷設します

  • 天井の野縁材や天井材の裏側(上側)に断熱材を敷設します。
  • 天井に断熱材を施工することによって、小屋裏と室内の熱の移動を低減します。
  • 夏季は室内の火照りを抑えるとともに、冷房の効きが良くなります。
  • 冬季は室内の熱損失を低減し、暖房の効きが良くなります。

01グラスウール断熱材を用いた施工例 1

野縁材の施工 野縁材の施工
断熱材の敷設 断熱材の敷設
防湿気密シートの施工 防湿気密シートの施工

02グラスウール断熱材を用いた施工例 2

施工前の状況 施工前の状況
断熱材の敷設 断熱材の敷設
外壁に通気ガラリを設置 外壁に通気ガラリを設置

改修効果

改修効果
改修前
  • 気温 :38.0℃
  • 天井表面温度:37.1℃
改修前
改修後 改修後
  • 気温 :36.0℃
  • 天井表面温度:34.4℃

03ロックウール断熱材を用いた施工例

野縁を新しく施工します 野縁を新しく施工します
ロックウールマットを敷き詰めます ロックウールマットを敷き詰めます
エコリフォームの完成 エコリフォームの完成

コスト試算例

一般的な内装リフォーム費用に+αで快適・省エネ「推奨」断熱リフォーム!!

天井断熱(敷込み)

部位2F天井
工法敷込み断熱工法
地域6地域(旧Ⅳ地域)
施工面積50m2
リフォーム内容
総計

「推奨」断熱リフォーム

※住宅用ロックウール断熱材(77mm×2層)使用、「気流止め」工事含む。

89 万円

「一般」断熱リフォーム

※住宅用ロックウール断熱材(77mm)使用、「気流止め」工事含む。

83 万円

6 万円

※諸経費30%込み、消費税別。
施工例②

天井裏に断熱材を吹込み施工します

  • 天井材の裏側(上側)に、小屋裏側から断熱材を吹込み施工します。
  • 天井に断熱材を施工することによって、小屋裏と室内の熱の移動を低減します。
  • 夏季は室内の火照りを抑えるとともに、冷房の効きが良くなります。
  • 天井に断熱材を施工することによって、小屋裏と室内の熱の移動を低減します。

01吹き込みグラスウールを用いた施工例

施工前の状況
断熱材の敷設
外壁に通気ガラリを設置

改修効果

測定日:2003/8/5 外気温:32.1℃ 小屋裏温度:46.2℃ 27℃設定で冷房中
改修前 天井表面温度:34.8℃
改修前 表面温度
改修前
改修前 天井表面温度:30.6℃
改修後 表面温度
改修後
  • 室温の測定は天井から約30cm下(頭の上あたり)で測定
  • 断熱施なしの天井表面温度は34.8℃、室温が31.7℃であるが、断熱施工した部屋は天井表面30.6℃まで下がり、室温はエアコンの設定温度まで下がっている

コスト試算例

一般的な内装リフォーム費用に+αで快適・省エネ「推奨」断熱リフォーム!!

天井断熱(敷込み)

部位2F天井
工法吹込み断熱工法
地域6地域(旧Ⅳ地域)
施工面積50m2
リフォーム内容
総計

「推奨」断熱リフォーム

※吹込み用グラスウール断熱材18K(210mm)敷込み、「気流止め」工事含む。

100 万円

「一般」断熱リフォーム

※住宅用グラスウール断熱材10K(100mm)敷込み、「気流止め」工事含む。

82 万円

18 万円

※諸経費30%込み、消費税別。
施工例③

天井下に断熱材を張り上げ施工します

  • 天井の下側からボード状断熱材を張り上げ施工します。
  • 天井に断熱材を施工することによって、小屋裏と室内の熱の移動を低減します。
  • 夏季は室内の火照りを抑えるとともに、冷房の効きが良くなります。
  • 冬季は室内の熱損失を低減し、暖房の効きが良くなります。

01押出法ポリスチレンフォーム保温板を用いた施工例

押出法ポリスチレンフォーム保温板を用いた施工例
押出法ポリスチレンフォーム保温板を用いた施工例

※施工方法や測定データに関する詳細については、各資料提供会社にお問合せください。